Wi-Fi

Wi-Fi接続設定時、「WEP」は使わない

投稿日:

Wi-Fiの電波は原理上、誰でも受信できてしまいます。なので、送られる情報は暗号化され、暗号化を解除する鍵を持つ者以外は、情報を引き出せなくなっています。

いくつかある暗号化方式の一つに「WEP」があります。WEPは古い方式で、現在は暗号化を解除する鍵が無くても、誰でも情報を引き出せるような状態になっており、大変危険です。WEP暗号化方式の破り方が解析され、一般に広まってしまっているため、セキュリティは無いに等しいのです。

そんなセキュリティゼロのWEPですが、まだ知らずに使っている人が多いです。スマホやノートPCからWi-Fiを検索すると、WEPを使ったアクセスポイントが出てきます。私の自宅から検索しても、すぐ見つかります。

いまだにWEPを使っている人が多い理由は、Wi-Fiルーターをデフォルト設定のまま使い、意図せずWEPを使うことになっていることだと思われます。

最近のWi-Fiルーターは、デフォルト設定でWEPはOFFになっているのですが、少し古いルーターは、デフォルト設定でONになっており、手動でOFFに設定する必要があります。

古いルーターのWEPがONになっている理由は、WEPでしかつながらない一部の端末が使われることを想定してのことだと思われます。具体的に言うと、WEP接続しかできないニンテンドーDSが大ヒットしてしまった事が、少なからず関係していそうです。

それでは、私が所有している古いNECのWi-Fiルーターを確認してみましょう。確認前に、設定を全てリセットし、工場出荷時のデフォルト設定に戻してあります。

ブラウザからルーターの設定画面に入り、無線LAN設定の所を確認してみると、やはり「暗号化モードWEP」が「使用する」となっています。

なので、「使用する」のチェックを外し、設定ボタンを押し、WEPを用いた接続をできないようにします。

上の画像のようになればOKです。これでセキュリティゼロのWEPの電波は発信されず、アクセスポイントの検索にもかかりません。悪意のある人から攻撃(いたずら)を受けるリスクは大幅に減りました。

-Wi-Fi

Copyright© 小山電子 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.