Wi-Fi

Wi-Fiの倍速モードは本当に倍速なのか実験(5G帯編)

更新日:

前置きは前回の「2.4G帯編」と同じです。

Wi-Fi(無線LAN)には周波数を2倍、4倍と使って通信速度を高める機能が備わっています。そこで今回は、Wi-Fiルーターの設定をいじり、周波数帯域幅を2倍、4倍としたときの通信速度の変化を測定しました。

実験方法

  1. 周波数帯域幅を20MHzに設定し、通信速度と電波強度を測定。
  2. 周波数帯域幅を40MHzに設定し、通信速度と電波強度を測定。
  3. 周波数帯域幅を80MHzに設定し、通信速度と電波強度を測定。

今回は5GHz帯の電波を使用しました。

使用ルーターはアイ・オー・データ機器の WN-AX1167GR2 です。ルーターの管理画面から、無線設定>詳細設定と進み、使用する帯域(5G)で「20MHz」か「40MHz」か「80MHz」を選ぶことができます。

ルーター設定画面
ルーター設定画面

実験結果

1. 帯域幅20MHz

帯域幅が標準の20MHzでも十分な回線速度が出ています。この値が基準となります。

回線速度
回線速度
電波強度
電波強度

2. 帯域幅40MHz

帯域幅を40MHzに設定しました。下の図より、Wi-Fiチャネルの幅が2倍になっていることがわかります。回線速度が上昇しています。

回線速度
回線速度
電波強度
電波強度

3. 帯域幅80MHz

帯域幅を80MHzに設定しました。下の図より、Wi-Fiチャネルの幅が4倍になっていることがわかります。回線速度がさらに上昇しています。

回線速度
回線速度
電波強度
電波強度

実験結果一覧

ダウンロードアップロード電波強度
帯域幅20MHz49.0 Mbps54.0 Mbps-44 dBm
帯域幅40MHz58.6 Mbps92.3 Mbps-40 dBm
帯域幅80MHz84.4 Mbps93.7 Mbps-42 dBm

まとめ

  • 5GHz帯で帯域幅を増やすと通信速度は上昇する。
  • 帯域幅20MHzでも十分に高速な通信が可能。

前回取り上げた2.4GHz帯の実験では、帯域幅増加(チャネルボンディング)の効果はありませんでしたが、今回取り上げた5GHz帯では、帯域幅を増やすと通信速度も上昇していきました。

5GHz帯だと干渉する外来の電波が無かったからかもしれません。2.4GHz帯は干渉する可能性のある外来の電波が複数観測されていました。

干渉する電波がある場合、どのような結果になるのか気になります。

今回使用したWi-Fiルーター↓(楽天リンク)

I-O DATA アイ・オー・データ WN-AX1167GR2 wifiルーター [ac/n/a/g/b][WNAX1167GR2]

-Wi-Fi

Copyright© 小山電子 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.