Wi-Fi

「ネットが遅い」の解決策1

更新日:

自宅の光回線が遅いとお悩みの方は、IPv6 / IPoE の利用をおすすめします。

IPv6 / IPoE とは

IPv6 / IPoE とは簡単に言うと新しい通信方式のことです。

従来方式のIPv4 / PPPoE では、ある一定の場所でデータの渋滞が起き、通信速度が遅くなってしまう問題がありました。そこで新しい方式であるIPv6 / IPoE + (IPv4 over IPv6) を用いることにより、データの渋滞を回避し、通信速度を大幅に改善することが可能になりました。

ちなみに IPv4 over IPv6 とは IPv6 / IPoE をさらに快適に利用するための技術です。 両者を併用することで、より安定した高速通信が可能になります。

IPv6 / IPoE + (IPv4 over IPv6) を利用するためにはプロバイダへの申し込みと、ルーターの設定が必要になりますが、申し込みは無料ですし、ルーターの設定も簡単です。

プロバイダへの申し込み

まずプロバイダへの申し込みですが、仮にプロバイダが@niftyの場合「v6プラス」というサービス名で提供されていますので、公式ページより「v6プラス」で検索すれば、申し込みページに行けます。

https://csoption.nifty.com/ipv6service/v6plus/

@nifty公式IPv6サービスページ

@nifty以外のプロバイダでも「v6プラス」か、又は「○○v6」とか「v6○○」というサービス名になっていることが多いです。

ルーターの設定

次にルーターについてですが、IPv6 / IPoE + (IPv4 over IPv6)に対応している物がどうかの確認が必要になります。

NTT等の回線事業者からホームゲートウェイをレンタルしている場合、最近の物であれば問題ありません。よく分からないという場合は、回線事業者に確認してください。 もしIPv6 / IPoE に対応していないタイプだった場合、対応している新しいホームゲートウェイに交換してもらえます。

NTTホームゲートウェイ

また、自前で市販のルーターを利用している方は、メーカー(NEC, バッファロー等)のホームページにて、利用中のルーターが IPv6 / IPoE + (IPv4 over IPv6)に対応しているかどうか確認してください。2016年以前の物はまず対応していないと思います。対応していない場合、対応ルーターを購入する必要があります。

http://www.aterm.jp/product/atermstation/topics/warpstar/ipv6.html

NEC製ルーターIPv6 / IPoE 対応リスト

https://www.buffalo.jp/support/other/network-ipv6.html

バッファロー製ルーターIPv6 / IPoE 対応リスト

それでは、対応ルーターの準備とプロバイダへの申し込みが完了したとします。申し込み完了後、数日で「v6プラス」利用開始通知のメールが届きますので、あとはルーターを設定するだけです。

例1)NEC製ルーターの場合

NEC製ルーターの場合、まずChrome等のインターネットブラウザを開き、アドレスバー(URLを入力する場所)に「192.168.10.1」と入力すると、ユーザー名とパスワードを入力する画面が開きます。ユーザー名に「admin」と入力し、パスワードはあなたが設定したものを入れます。

そうするとクイック設定Web画面が開きますので、そこで基本設定>動作モード>v6プラス を選択します。さらに自動判定をOFFとします。最後に設定ボタンを押し、設定内容が更新されればルーターの設定は終了です。

NEC製ルーターの設定

例2)バッファロー製ルーターの場合

バッファロー製ルーターの場合、 まずChrome等のインターネットブラウザを開き、アドレスバー(URLを入力する場所)に「192.168.11.1」と入力すると、ユーザー名とパスワードを入力する画面が開きます。ユーザー名に「root」と入力し、パスワードは未入力のままOKを押します。

そうすると設定画面が開きますので、そこで詳細設定>internet>IPアドレス取得方法>v6プラス接続を使用する を選択します。最後に設定ボタンを押し、設定内容が更新されればルーターの設定は終了です 。

バッファロー製ルーターの設定

NEC, バッファロー以外のルーターでもメーカーホームページに設定方法が載っていますので、それを参考に設定してみてください。

動作確認

最後に、設定完了後きちんと IPv6 / IPoE + (IPv4 over IPv6) で動作しているかどうかの確認をします。ブラウザのアドレスバーに「v6v4.net」と入力し、確認するには「こちら」をクリックすれば○か×かの判定が表示されます。

回線速度を確認

回線速度の測定もしてみてください。特に夜の混雑する時間帯においては、大幅な速度改善がみられると思います。

-Wi-Fi

Copyright© 小山電子 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.